会社概要

職場意識改善計画の取り組み

1.実施体制の整備のための措置
取組事項 具体的な取組内容
1.労働時間等設定改善委員会の設置等労使の話合いの機会の整備 1年度目
社内における話合いの機会を整備するため、労働時間等設定改善委員会を設置する。委員会の委員は経営者の他作業者代表4名を選出し、運営方法について策定する。
2年度目
設置した労働時間等設定改善委員会の定期的な開催を実施する。
所定外労働時間の削減、有給休暇の取得しやすい環境整備、業務改善など様々な議題を扱うこととし、年2回委員会の開催で意見交換をし、労働時間等の改善に努めたい。
2.労働時間等に関する個々の苦情、意見及び要望を受付けるための担当者の選任 1年度目
社内の労働時間に関する個々の苦情・意見及び要望を受付けるための担当者を選任し、受付体制を整える。また、労働者に対しても受付体制や担当者について周知を図る。
2年度目
作業者からの苦情、意見、要望を受付やすい体制の整備を図る。設定改善をより具体的に進めるための各部署リーダーを決め労働者に周知を図る。

2.職場意識改善のための措置
取組事項 具体的な取組内容
1.労働者に対する職場意識改善計画の周知 1年度目
作業者に対して、職場意識改善計画について、ミーティング時に計画の説明及び掲示物などで周知を図る。
2年度目
作業者に対して、職場意識改善計画の進捗状況を具体的にまとめた掲示物を作成し、一層の周知を図る。
2.職場意識改善のための研修の実施 1年度目
職場意識改善の意義について更なる意識啓発を図るため、経営者と選任された作業者代表4名で研修会を開催する。
2年度目
前年度開催した研修結果を踏まえ、当社に適した外部講師を招き、研修会を実施し重ねての意識改善の啓発を図る。

3.労働時間等の設定改善のための措置
取組事項 具体的な取組内容
1.年次有給休暇の取得促進のための措置 1年度目
有給休暇を取得しやすくなるように作業体制を整える。経営者においては、有給休暇の取得を促すことを意識的に、朝礼・ミーティングなどに取り入れる。有給休暇取得率50%を目標とする。
2年度目
有給休暇の効果的な活用方法に関する情報を集め労働者に提供する。2年度目の有給休暇取得率は60%を目指す。
2.所定外労働時間削減のための措置 1年度目
ノー残業デーを設ける。
作業工程の見直し、効率の良い人員配置を時間単位で管理し、労働時間の削減を目指す。
2年度目
作業工程の徹底的な見直し分析を行い、生産効率の向上、作業時間の短縮による所定外労働時間の削減を目指す。
3.労働者の抱える多様な事情及び業務の態様に対応した労働時間の設定 1年度目
定期的に労働者と個別面談を行うことで、労働者の抱える多様な事情等、早期に見つけ作業環境、処遇等、労働時間の設定を図る。
2年度目
変形時間制やフレックスタイム制が実現可能か検証する為に試験的に導入実施を図る。
作業工程で人員不足が生じた場合に備えて人材育成を図る。